毎日のお手入れが大事

ブリラミコに万が一のことがあった場合に、どこをチェックすればいいのか、修理はどこに出すのか、費用や期間はどうなのか、など気になる事がたくさん出てくると思います。

高級腕時計ほどではないですが、ブリラミコもそんなに安い時計ではありません。だから日頃からメンテナンスをちゃんとして、大事に長く使えるようにしておくほうがいいと思います。

習慣にしたいメンテナンス

ブリラミコも腕時計という精密機器なので、動作不良があったり、錆が出てきたりということは十分に考えられます。

ブリラミコにトラブルが起きないようにするには、定期的に自分である程度のメンテナンスをすることは大切ですから、覚えて実践して行きましょう。

腕時計でよくあるトラブルは、汗や皮脂がブレスレットやケースにとどまって錆を発生させたり、リューズ周辺に汚れが溜まって防水機能が低下したりです。

あとは回転ベゼルに小さなホコリとかが入って、機器の動作に不具合を起こすこともあります。そうなってしまうと修理に出すことになるので、お金がかかることになります。

メンテナンスを毎日するのは面倒だと思いますが、毎日ではなくて週に1~2回で十分です。たまにしか時計を付けないという場合であれば、つけたときにメンテナンスをする習慣をつければ忘れることはないでしょう。

手入れ

ケースやフレームの清掃

ブリラミコのボディ部分の清掃は、クロス(柔らかいもの)を使って乾拭きするというのが一般的です。ただスワロフスキーがついてる部分は拭きにくいので綿棒などを使うといいと思います。

乾拭きのポイントは一か所ずつ丁寧に磨くということです。ガラス、裏、サイドのように部分ごとに磨くと拭き忘れがなくなります。

リューズやラグは拭きにくいので、柔らかいブラシでブラッシングしてホコリなどをかきだします。

ブレスレットの汚れ落とし

ブリラミコの金属タイプのブレスレットの場合も、柔らかいクロスで乾拭きを裏表行います。

バックルとかコマの間などの接続部分は汚れがとりにくいですが、柔らかいブラシでかきだすようにすればいいでしょう。

汚れが落としきれない場合はスプレーで汚れを浮かせることができる商品があるので、それを使うとより効果的です。

革ベルトの管理

革ベルトのモデルがおおいブリラミコですが、革ベルトは水に弱く、汗や皮脂などが劣化の原因になりやすいので注意が必要です。

革ベルトは基本的に水がつかないようにして、汗などがついてしまったら都度拭き取るようにします。また、着用後には必ず乾拭きで表裏拭いておくといいでしょう。

汗をかく夏は特に注意が必要で、革ベルトの時計は毎日つけるのはやめて、しっかり乾かす時間を設けるのがいいと思います。

メンテナンスに欠かせないアイテム

ブリラミコなどの腕時計をケアするのにおすすめしたいアイテムを紹介します。

汚れをかきだすナイロンブラシ

リューズやラブ、ベゼル、ブレスレットの接続部分などを清掃する場合には、柔らかくて弾力のあるナイロンブラシが有効です。

キズをつけずに磨くマイクロファイバークロス

乾拭きをするときにはできるだけ柔らかいクロスがいいので、マイクロファイバークロスはおすすめです。超極細繊維で構成されており、貴金属やガラスなどに傷をつけることなく、微細なホコリや汚れまでしっかり取り除いてくれるのが素敵です。

隙間の汚れも撃退!スプレークリーナー

ブレスレットの接続部分というのは拭き掃除ではなかなか汚れが取れにく部分ですよね。そんな細かい部分にはスプレータイプのクリーナーで、汚れを浮かせると簡単に汚れを落とすことができます。

最終チェックはルーペで行う

拡大ルーペをどう使うのか疑問に思うかもしれませんが、これは細かい部分の汚れのチェックをするために使用します。腕時計は細かい部品がおおいですから、その隙間に汚れが残っていないかどうかをチェックすることが、時計を長持ちさせるポイントになるのです。


ブリラミコの取扱店舗一覧